松ノ木運動場のブログ ★ぱてぃお★

松ノ木運動場が発信するブログです。 大会・教室の報告など・・・ お客様との交流を深める“広場”を目指します!

Category [松ノ木の風景 ] 記事一覧

冬の和田堀公園

初霜が降りました!12月6日(土)朝、松ノ木運動場に初霜が降りて、クレーコート・野球場は午前中使用できませんでした。例年より1~2週間早い初霜です。和田堀公園の通称「ひょうたん池」も冬景色になっています。しかし、まだまだ色づいた葉を保っている樹々がいっぱいです。地面は落ち葉でいっぱいで、フカフカしています。池や止まり木では、鳥たちが遊んでいます。池の端では、かわせみ等をねらって、多くのシニアの人々が...

ポプラの種子

気づかれている方も多いと思いますが、松ノ木野球場裏にある松ノ木遺跡周辺は、ポプラの綿毛のような種子で真っ白です。ポプラは春に花を咲かせ、その後すぐに綿毛付きの種子を大量につけます。この種子が風にのって飛ばされ、落ちて、周辺の地面を真っ白にします。ポプラは英語名(POPLAR)で、日本では古くから「ハコヤナギ」あるいは「ヤマナラシ」を呼ばれているようです。...

松ノ木の風景

霜について松ノ木運動場の利用者を含めまして、関係者が冬になると頭を悩ませていることの一つに「霜」があります。今回は、松ノ木運動場での体験をベースに「霜」について考えてみました。(科学的には、間違っている部分もあるかと思います)二十四節気に「霜降(そうこう)」というのがありますが、10月23日ころです。まだ東京の温度は10度C~20度Cの時期です。松ノ木運動場の霜は、12月後半~3月初めの時期ですが、都市化で初...

松ノ木の風景

荒玉水道道路入口が狭く一方通行で曲がっているので、あまり目立たない道路がある。和田堀調節池庭球場や壁打ち庭球練習場の東側を走っている「荒玉水道道路」である。1934年(昭和9年)に、杉並区梅里から世田谷区喜多見に至る水道管が埋設された道路で、水道管保護のために大型車の通行はできない。入口は青梅街道の高円寺陸橋脇で、ほとんど目立たない。左側が華屋与兵衛で、右側はうどん屋になっている。数年前はイタリア...

松ノ木の風景

済美山自然林松ノ木運動場事務所から一番遠いテニスコートは和田堀調節池庭球場です。二枚橋から少し入った場所にあるハードコートで、入口のある道を隔てた反対側には小さな公園があります。この公園の右手の入口を上っていくと済美山自然林に出ます。ここは、大宮中学校を中心に、済美公園から旧みずほ銀行グランドを含めた面積約10万㎡に及ぶ、縄文・弥生時代の済美台遺跡の一部です。現在は通り道に沿って囲いができており、...

Menu

プロフィール

松ノ木運動場

Author:松ノ木運動場
杉並区松ノ木1-3-22
TEL:03-3311-7410

来場者数

最新記事

QRコード

QR

右サイドメニュー