総合防災訓練を実施

本日(8月30日)、朝9時から12時まで、和田堀公園地区で東京都・杉並区合同の総合防災訓練が実施されました。
3日前(8月27日)より、準備として、会場・テント等の設営が始まり、松ノ木運動場でも、野球場を中心にいくつものテントがたてられ、本日を迎えました。
松ノ木野球場では、消火訓練、住民共助による訓練などが行われ、防災関連の展示ブースにも人があふれていました。

<松ノ木野球場>

松ノ木ー1

松ノ木ー2

松ノ木ー3

松ノ木ー4

松ノ木ー5

和田堀公園野球場はキッズエリアとなり、警視庁騎馬隊による乗馬体験、東京消防庁ポンプ車による体験搭乗が行なわれました。
また、臨時駐車場も傷病者搬送場所として利用されました。

<和田堀公園野球場>

和田堀ー1

和田堀ー2

メイン会場となった陸上競技場では、救出救助訓練、応急復旧訓練等が行われ、本部の他に、多くの関係機関の展示ブースが並び、車両と人とで一杯になりました。
また、第一駐車場では、炊き出し訓練も実施されました。

<陸上競技場>

陸上ー1

陸上ー2

陸上ー3

陸上ー4

近隣の小中学校でも訓練が行われ、松ノ木小学校の校庭はテントで埋めつくされました。
尚、ヘリコプターが8回ほど離発着する予定であった済美山運動場での航空機運用訓練は、天候不良により中止されました。

<松ノ木小学校>

松小ー1

最後は、東京消防庁により、松ノ木運動場での訓練は締めくくられ、無事終了しました。

最後